成犬の悩み解決たった3つのトレーニング【おいで・まて・おすわり】

もっと犬を知る
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 犬ブログへ

困った行動の悩みは解決したいけど、きびしく叱りたくない・・・!

体罰なんてもってのほか!!

愛犬と飼い主さん、お互いが幸せになれる方法を紹介します。

愛犬のことが大好き!

だけど、愛犬の困った行動はやめてもらいたい・・・。

飼い主さんなら、愛犬には困った行動をしないでもらいたいと思いますよね。

ですが、成犬のしつけは難しいという声も多いです。

子犬のしつけよりも難しいと言われているのは、本当でしょうか?

成犬になってから家族に迎えたり、環境が変わってしつけをしなおしたい場合などは、どのようにすればいいのでしょう。

愛犬も飼い主さんも、ストレスを感じずにスムーズに覚えることは不可能なの?

その疑問に答えていきたいと思います。

成犬のしつけのコツ

成犬のしつけにはコツがあります。

そのコツは「信頼関係」。

そして、「おいで」「おすわり」「まて」の3つのトレーニング。

成犬は、子犬と比べてすでにたくさんのことを学習しているので、上書きして新しく覚え直すのは大変です。

飼い主さんが何を伝えていて、何をすればよいかを犬が理解していても、それを実際に行動に移すかどうかは犬次第。

そこで、飼い主さんと愛犬の「信頼関係」が重要になるんですね。

信頼関係と愛情を忘れずにいれば、学習しない犬はいません。

わがやのこたも、3歳になってから家族として迎え入れました。

最初はこたも私もお互いに戸惑うことばかりでしたが

楽しい毎日を送っている間にこたは私のしてほしいことを理解してくれて、覚えてくれました。

気分よく暮らすために

成犬のしつけのポイントを押さえれば、嫌な思いをすることなく愛犬も飼い主も今まで以上に気分良く暮らせるようになりますよ。

この記事では、成犬のしつけでまずは取り入れてもらいたい、基本の3つのトレーニングについてまとめていきたいと思います。

成犬のしつけで悩んでいる人や、成犬を家族に迎えようと考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてほしいです。

記事を読んで共感や納得ができたら、さっそく愛犬と一緒に学習してみてくださいね。

問題行動を避けるたった3つのトレーニング

困った行動をしそうになったときには、その行動を直接やめさせるのではなく、その行動ができないような別の行動を指示する方法があります。

教えておきたいのは「おいで」「おすわり」「まて」の3つです。

この3つをマスターすることで、飼い主さんにとっての困った行動のほとんどを防ぐことができます。

たとえば、他の犬に吠えてしまったら、興奮を落ち着けるために「おすわり」させる。

マウンティングしに行こうとしてしまったら、「おいで」でこちらに呼び戻します。

つい、愛犬が他の犬のところに向かって行こうとすると、「コラッ!ダメッ!」と大きな声で叱ってしまいたくなる気持ちになりますが、落ち着いたトーンで「おいで」ができるようになりたいですね。

おいで

行ってほしくない方向へ行ってしまいそうなときや、してほしくないことをしそうなときに呼び戻す「おいで」です。

ドッグランに連れて行く際には、他の犬とのトラブルを避けるために、必ず練習しておく必要がありますよ。

<「おいで」の覚え方>

必要なもの:愛犬との距離・おやつやおもちゃなどのご褒美

確実に愛犬が近づいてくるのを確認したら「おいで」と声をかけます。

  1. 離れて、座ります。
  2. おやつやおもちゃをにぎった手を、犬から見えるように出します。
  3. 犬が手を見て近づいてきたら、「おいで」と声をかけます。
  4. 手に犬が鼻先をつけたら、手を開いて中のおやつやおもちゃを与えます。

このトレーニングで大切なのは、愛犬が動き出してから「おいで」と言うこと。

ちゃんと手に鼻先をタッチしたら、手を開いて褒めることです。

ご褒美をおやつにするかおもちゃにするかは、愛犬の好みによって買えてみてくださいね。

「おいで」といえば確実に来るようになると、愛犬の身の安全を守ることもできるので、重要なトレーニングです。

「おいで」と言ってもなかなか来ない場合・・・

行ってもよいことがないと思っている可能性があります。

たとえば、「おいで」と呼ばれて行ったら歯磨きだった!など、今までの経験からよいことじゃないと思っている可能性があります。

「おいで」のときには、楽しいことや嬉しいことを覚えさせたいですね。

呼ばれて行ったときには、嫌なことよりもよいことのほうが頻繁に起こるようにしてあげましょう。

犬が我慢しなければいけないことをするときには、さり気なくつかまえるようにしましょう。

「おいで」は飼い主さんお都合だけでなく、愛犬の身を守るためにも大切なトレーニングです。

根気強く学習すれば必ず愛犬も楽しく駆け寄ってくれるようになるので、がんばってマスターしましょうね!

おすわり

<「おすわり」の覚え方>

必要なもの:おやつやおもちゃなどのご褒美

犬が自分でおしりを地面に着けてから「おすわり」と声をかける。

  1. おやつやおもちゃを握ったグーの形の手を犬の前に差し出して、気を引く
  2. その手を犬グーにしたままの頭の上に上げ、犬に上を向かせる
  3. おしりが下がって地面に着いたら「おすわり」と声をかける
  4. 手を開いて、ご褒美をあげる

2の手順で興奮して飛びついてきてしまう子には、グーのまま軽く牽制するように上から押します。

ゆっくり押していくと徐々におしりを地面に着けるようになるので、地面についたら3の手順に進みます。

「おすわり」は犬の興奮を抑える効果があります。

散歩前にリードを着けるときや、お客さんが来たときなど、「おすわり」でおとなしくできるようになるといいですね。

まて

犬を待たせるときの「まて」は、おすわりをさせておくといいです。

まずは先ほどのおすわりができていることが重要です。

<「まて」の覚え方>
  1. おすわりをさせて、「まて」と声をかける

  2. じっとしたまま少し経ったら、ご褒美のおやつやおもちゃをあげる

  3. だんだん離れてみます。
    数歩離れてみて、犬が動いてしまう前に近くまで戻り、ご褒美をあげる

もし散歩中にリードが外れてしまったら!

「まて」でその場でおとなしく待つことができたら、迷子になってしまったり事故に会ったりせずに済みますよね。

ドッグカフェや、動物病院の待合室でもおとなしく待てるようになるといいですね。

まとめ:信頼関係で3つのトレーニングを学習しよう

「信頼関係」を持って愛犬と接することができれば、多少難易度の高いしつけもできるようになります。

まずは基本の「おいで」「おすわり」「まて」の3つのトレーニングをぜひ覚えてみてくださいね。

これだけでも、かなり困ったことは減ると思います。

他の犬との交流や、どこかに出かけるときにはこの3つは本当によく使いますよ。

こたママ

ミニチュアダックス9歳男の子の「こた」・夫と一緒に3にんでのんびり暮らしています。
こたと一緒に暮らすようになってから、大げさじゃなく人生が何倍も輝きだしました。
愛犬のいる毎日、愛犬のいる安心感、幸福感…♪
この気持ちをたくさんの人と共有したい! もっと、犬と人が愛を持って共存できる世の中にしたい! という野望を持って、ブログ運営を開始しました。
幸せなワンちゃんと幸せな人間の、心地よい関係がもっともっと広がりますように。
このブログで、愛犬とすでに生活している人・これから一緒に生活しようと考えている人・単純に犬を可愛いと想う人など、すべての犬好きに有意義な情報をまとめていきたいと思います。
うちのコ自慢もさせてくださいね♪

2019年10月 i love ワンちゃん運営開始

こたママをフォローする
もっと犬を知る
こたママをフォローする
i love ワンちゃん
タイトルとURLをコピーしました