【子犬】犬を迎える初日前に確認したいことと注意点【保護犬】

犬を飼うまで
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 犬ブログへ

この記事は、新しく犬を迎える人に読んでほしい記事です。

犬を新しい家族の一員として迎え入れる・・・ドキドキ・ワクワク、楽しい毎日の始まりに今は胸がいっぱいだと思います♡




犬を迎える初日は、どう接したらいいの?

初日までにしておくべきことはある?

注意することは?


そんな疑問も、たくさんあると思います。

不安に思うこともあるでしょう。



ちゃんと仲良くなれるかな?

早く自宅や家族に馴染んでくれるかな?

うまくしつけられるかな・・・。


私も愛犬の「こた」を迎えてすぐの頃はわからないことが多かったです。

こた
こた

ボクがこたです!

でも、みんな幸せな家族になる素質は持っています!

お互いのことを尊重しあい、早く仲良しになりましょうね♪


この記事は、新しく犬を迎える人のために書きました。

  • 犬を迎える前に必ず確認しておくべきこと
  • 初日の注意点

について説明しています。


ぜひ参考にしてみてくださいね。

こた
こた

それではさっそく、いってみよー!

犬を迎える前に引き取り先に必ず確認すること4つ

慣れない環境にひとりきりで連れて行かれたら、人間でも不安になりますよね。

その不安を少しでも取り除いてあげるためと愛犬の健康のために、確認しておきたいことがいくつかあります。

必ず、今から記載する4点については引取先に確認するようにしてください。

ごはんの確認

  • 今まで与えていたごはんのメーカー
  • ごはんの時間
  • ごはんの量
  • 与え方
    ドライフードをそのまま
    ドライフードをふやかして、など

突然食べるものも変わったら、とてもビックリしてしまいますよね。

今まで食べていた味、量、時間でしばらくは様子を見てあげてください。

また、食事量は体重を目安にしますので、成長に合わせて量を買える必要があります。

予防接種、寄生虫検査の確認

予防接種はすでに受けているのか、受けているのであれば証明書なども一緒に譲り受けましょう。

子犬の場合、母犬のうんちを舐めることで回虫がお腹の中に入ることがあります。

その場合は獣医により回虫駆除薬を与えるのですが、その対応が行われているのか確認しましょう。

対応が行われていないようなら、速やかに寄生虫検査を行いましょう。

トイレの確認

トイレは決まった場所でできるのか、室内で覚えているのか屋外で覚えているのか

何かトイレの学習で困ったことがあるかなどを確認しておくと、引取後のトイレトレーニングもスムーズに進むようになりますよ。

お気に入りグッズの確認

犬のお気に入りのおもちゃやタオルなどがあるかどうか確認しましょう。

自分のにおいのついたものや慣れ親しんだものがあると、気持ちが落ち着きます。

初日以降の注意点

「ニューオーナーシンドローム」

「ニューオーナーシンドローム」とは、子犬が親や兄弟たちから離されて新しい飼い主さんのところで暮らし始めた際に起こるストレス性の病気のことです。



最初離れない環境でお腹の調子が悪くなったりすることは人間でも想像できますよね。

具体的な症状として

  • 食欲がない
  • 嘔吐
  • 下痢

上記の症状が、新しい生活を始めるようになって1週間経っても治まらない場合はニューオーナーシンドロームが疑われます。



この症状が続く場合、脱水症状や低血糖になり、最悪の場合は亡くなってしまうこともあるので

速やかに獣医さんに診てもらうようにして、よく相談しましょう。

犬が安心できる場所を用意する

犬にとって、ハウスやケージ、小屋などはただの寝床という意味だけではなく、重要な意味を持っています。



基本的に、狭いスペースは犬にとって安心感を得られるスペースです。

そのことは、昔、野生の犬は巣穴など薄暗くて狭い場所を寝床としていたことからです。



また、家族の様子が見える位置というのも重要です。

家族の行動を伺うことができる場所であれば、犬はさらに安心することができますよ。

最低3日間は、ゆっくり休ませてあげる

家に来た日は、抱っこしたりナデナデしたり、とにかく構いたくなるものですよね!



でも、少なくとも最低3日間は我慢しましょう。

最初離れない場所というだけでストレスいっぱいなので、その上おもちゃのように扱われたらますますストレスがかかってしまいます。



少しずつ慣れていくように、少し距離を置くようにして様子を見るようにしてください。

うんちの状態をよく確認する

健康なうんちは、ふっくらと膨らんでいてコロコロと転がるような状態です。

やわらかく、地面にしっかり汚れがついてしまうほどのうんちは異常アリです!

ストレスによってお腹が弱くなっているか、ごはんが適量になっていないかが問題の場合が多いです。

ストレスが過度にかかっていると、うんちに血が混じっている場合もあります。

うんちの状態をよく確認して、気になることがあればすぐにかかりつけの病院に相談しましょう。

家の中の危険物に注意する

誤飲

  • 電池(特にボタン電池)
  • 硬貨
  • 洗剤
  • イヤホン
  • ヘアピン
  • クリップ
  • 輪ゴム
  • たばこ
  • 乾燥剤など

噛む、絡みつく

  • 電気コード類

食べてはいけないもの

  • チョコレート
  • キシリトール類
  • ネギ類
  • にんにく
  • アボカド
  • ぶどう
  • ナッツ類

その他

  • 階段からの落下
  • フローリングで滑る
  • 隙間などに挟まる

トイレの学習は初日から

初日からすぐにあれやこれやお世話をしすぎるのも良くないと言ったばかりで恐縮ですが、トイレのしつけは初日からしっかりするようにしましょう。

どこでも排泄していいんだ、と覚えてしまうと後々大変になります。

犬は本来綺麗好きな生き物なので、排泄をどこでしようか犬自身も困ってしまうでしょう。



寝起き・食後は排泄をしやすい時間なので、トイレの定位置に連れていくようにします。

トイレの定位置で、サークルなどを使って囲ってしまってもいいですね。

トイレシートの上で排泄することができたら、おやつやおもちゃでうんと褒めてあげるようにしましょう!

トイレのにおいや感触を覚えさせるためにも、トイレの周辺をクンクンしていたら静かに見守るようにしてあげてくださいね。

まとめ:愛情をもって接すること!

犬を迎える前に必ず確認したいことと、犬を迎えた後に注意したいことについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

こたママ

ミニチュアダックス9歳男の子の「こた」・夫と一緒に3にんでのんびり暮らしています。
こたと一緒に暮らすようになってから、大げさじゃなく人生が何倍も輝きだしました。
愛犬のいる毎日、愛犬のいる安心感、幸福感…♪
この気持ちをたくさんの人と共有したい! もっと、犬と人が愛を持って共存できる世の中にしたい! という野望を持って、ブログ運営を開始しました。
幸せなワンちゃんと幸せな人間の、心地よい関係がもっともっと広がりますように。
このブログで、愛犬とすでに生活している人・これから一緒に生活しようと考えている人・単純に犬を可愛いと想う人など、すべての犬好きに有意義な情報をまとめていきたいと思います。
うちのコ自慢もさせてくださいね♪

2019年10月 i love ワンちゃん運営開始

こたママをフォローする
犬を飼うまで
こたママをフォローする
i love ワンちゃん
タイトルとURLをコピーしました