【しつけ】愛情が伝わる愛犬のほめ方【コツとタイミング】

もっと犬を知る
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 犬ブログへ

よく、「私ってほめられて伸びるタイプなんだ」と言ったりしますよね。

実は、犬もそうなんです。




叱って萎縮させてしまうよりも、良いことをしたときにほめてあげるほうが犬はどんどん良い方向に成長していきます。

ほめてしつけるほうが、飼い主さんも犬もハッピーですよね♪

でも、ほめるってどうやったらいいのかな?

いつほめればいいのかな?


という疑問があると思います。




犬をほめるのにはコツと、ベストタイミングがあります。

そのコツをつかんだら、しつけなどの学習も今まで以上にラクになることでしょう。




ほめるしつけについて今日は詳しくみていきましょう。

犬のしつけに困っている方は特に必見の記事になっていると思います。

記事を読んで、ぜひ実践してみてほしいです♪

それでは、いってみよー!

ほめるタイミング

犬をほめるタイミングですが、これは簡単です。

できたタイミングで、すぐさまほめること!

言葉が通じない犬には、「昨日は○○ができて偉かったね」などとほめても、なんのことだかわかりません。

何かをできたタイミングで、すぐさまほめるのがベストタイミングです♪

とっても簡単ですよね?

何かをしつけたり学習させる際には、「できた➡すぐほめる」という流れを必ず作ってあげてくださいね。

ほめ方の基本

  • 高い声
  • おやつ
  • なでなで

この3つは、一般的に犬が「ほめられているんだ」と感じやすいほめ方と言われています。

愛犬にとってのご褒美を見つける

愛犬が好きなこと、喜ぶこと、愛犬にとってのご褒美を見つけることで

ほめるのがもっとラクになるし飼い主さんも愛犬もハッピーになります。




例えば犬によって、なでられて「ヨシヨシ」されるのはあまり好きではない子もいます。

でも逆に、飼い主さんになでてもらうのがおやつよりも嬉しいという子もいます。

愛犬が何を1番喜ぶのか知っておくのはお互いをわかり合うためにも、良いことです。

今から、犬が喜ぶことの例をまとめていきます。

うちの愛犬はどれを1番喜ぶかな? と、検証してみてくださいね。

飼い主さんとのスキンシップ

飼い主さんの優しい声と、なでなでやハグが何よりも幸せ! 安心する! という子もいます。

犬は大好きな飼い主さんと仲良くしたいと常に思っています。

飼い主さんに抱っこされると愛犬も幸せを感じ、飼い主さんも幸せに感じてくれていることを知りたいのです。

一般的に触られて喜ぶ部分

・耳の後ろ
・胸
・背中

一般的に触られるのが苦手な部分

・頭頂部
・しっぽ
・鼻先
・脇腹
・足先

おやつ

普段から定期的に与えているおやつよりも、しつけなどの学習の際はさらに特別なおやつを用意してあげると愛犬はますます喜ぶでしょう♪

ボール遊び、ロープで引っ張りっこ

飼い主さんと思い切り遊べることを喜ぶ子もいます。
ストレス発散にもなりますね。

走る、ジャンプする

走り回れるようなドッグランなどにいる場合は、飼い主さんと一緒に走ることで喜びを感じる子もいます。

おわりに

いかがでしたか?
愛犬が喜ぶほめ方で、これからも楽しい毎日を過ごしてくださいね♪

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

こたママ

ミニチュアダックス9歳男の子の「こた」・夫と一緒に3にんでのんびり暮らしています。
こたと一緒に暮らすようになってから、大げさじゃなく人生が何倍も輝きだしました。
愛犬のいる毎日、愛犬のいる安心感、幸福感…♪
この気持ちをたくさんの人と共有したい! もっと、犬と人が愛を持って共存できる世の中にしたい! という野望を持って、ブログ運営を開始しました。
幸せなワンちゃんと幸せな人間の、心地よい関係がもっともっと広がりますように。
このブログで、愛犬とすでに生活している人・これから一緒に生活しようと考えている人・単純に犬を可愛いと想う人など、すべての犬好きに有意義な情報をまとめていきたいと思います。
うちのコ自慢もさせてくださいね♪

2019年10月 i love ワンちゃん運営開始

こたママをフォローする
もっと犬を知る
こたママをフォローする
i love ワンちゃん
タイトルとURLをコピーしました