犬の歯磨きしたことないってヤバい?【今日からケアしましょう】

犬の生活
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 犬ブログへ

うちの子、今まで歯磨きしたことなく何年も経ってしまっているんだけど、大丈夫かな…?

歯石がたくさんついてしまっているけど、大丈夫なのかな…?





今まで歯磨きしてこなかったことは今嘆いてもしかたがないです!

うちのこたも、歯石がついてしまってから歯磨きの重要性に気づき、とてもとても後悔しました…!

でも、愛犬が今何歳だとしても、どれくらい歯石がついてしまっていても、

今気づけたことが重要で、歯磨きの大切さを実感したからこそ、これからのケアに力を入れることができるんです。




結論は、すぐに動物病院で歯と歯茎の様子を診てもらうことです。

そこで全身麻酔での歯石除去をすすめられるなら、メリットとデメリットをよく聞いて考えるべきですし、今すぐになにかするほどではないのなら、これからの歯磨きに力を入れればいいんです。




すでについてしまった歯石をやわらかくして落としやすくするケア用品も販売していますよ。

こたも使っているケア用品について、使い心地を紹介します。

愛犬にとっては、今までしてこなかった歯磨きを突然されることへの抵抗があると思います。

その際に、愛犬にできるだけ嫌な思いをさせずに歯磨きをするコツも一緒に紹介します!

歯磨きの重要性

なぜ犬も歯磨きが大事なの?

ワンちゃんは、3歳以上の8割が歯周病であると言われています。

歯周病を放っておくと、歯が抜けて固いものを食べられなくなったり、悪化した場合には口の中だけでなく内蔵などにも影響を与え、命に関わる病気のきっかけになることもあります。

歯周病の原因

主な原因は、歯垢です。

歯に歯垢がついたまま放置しておくと、細菌が繁殖し、歯肉に炎症を起こします。

歯垢は3日~4日で石灰化し、歯石になります。

その名の通り、歯垢が石のようにカチカチに固まり、少しこすったくらいでは取れなくなってしまいます。

歯石になると自宅でのケアがますます難しくなり、どんどん悪化しやすくなります。

どうやって歯磨きするの?

必要なもの

  • 犬用歯ブラシもしくは子ども用歯ブラシ
  • ガーゼ
  • 歯磨きジェルなどのケア用品

すべて揃える必要はなく、愛犬の好みなどに合わせて変えてみてくださいね。

歯磨きの方法

1.口の周りを触ることに慣れさせる

口の周りを触られることを嫌がる子はたくさいます。

今まで歯磨きをしていないと、慣れていないので最初は嫌がるかもしれません。

まずは顔を包み込んでなでるように、口の周りを少しずつ触るようにしてみましょう。

触らせてくれたら、たくさん褒めてあげてくださいね!

2.濡らした歯ブラシ(指に巻き付けて濡らしたガーゼ)を口のそばに持っていき、においを嗅がせる

歯ブラシやガーゼをいきなり口の中に入れようとすると、ビックリしてしまいます。

まずは、「こういうものだよ」と見せて、においを嗅がせてあげましょう。

3.唇をめくって、指で歯に触れてみる

ついに唇をめくって口の中へ!

まずは指で歯に触ってみましょう。

愛犬にとっては初めての体験で、少しビックリするかもしれません。

やさしく声をかけながら、無理せず行ってください。

4.人間の歯を磨くのと同じように、やさしく歯を磨く

ワンちゃんの歯茎も、人の歯茎と同じように血が出ます。

ゴシゴシと磨くのではなく、やさしく丁寧に磨くようにしてあげてください。

今まで歯磨きをしたことがないと、ますます歯茎が弱くなっている可能性があります。

5.愛犬が嫌がらなければ、歯磨きジェルなども使ってみる

おすすめのケア用品

こたは上記のデンタルケアセットを使っています。

ジェルはヒノキのような独特な香りがしますが、味はしません。(実際に舐めてみました)

パウダーはこたも大好きで、自分からペロペロと舐めています。

パウダーのほうが気に入る子が多いらしく、パウダーだけの販売もしていますよ。

ジェルを嫌がって使えない場合には、パウダーだけのケアでも効果あるようです。

どちらも、人間の歯磨き粉のように使うのではなく、ガーゼや歯ブラシで歯垢を落として綺麗になった歯と歯茎に塗るようにしましょう!

おもちゃでデンタルケア

思い切り噛んで遊べるおもちゃには、歯垢や歯石を取る効果もあります。

おやつでデンタルケア

こちらも、夢中になって噛んでいるうちに歯垢や歯石を落とすことができます。

歯磨きが苦手でどうしてもできない子の場合には、こういったおやつなどで楽しく歯磨きできるといいですね。

歯磨きのコツ

歯磨きはほとんどのワンちゃんにとって、楽しくないもの。

少しでも口の周りを触らせてくれたら、口の中に指を入れさせてくれたら、歯を磨かせてくれたら、たくさん褒めてあげるようにしましょう。

歯磨きのあとにおやつをほんの少しあげてもいいですし、一緒に遊んであげるなども愛犬へのご褒美になります。




飼い主さんが怒ったり、キツい表情で歯磨きに取り掛かるのもワンちゃんは身構えてしまうので、歌を歌いながら歯磨きしてあげるのもいいですよ。

飼い主さんのやさしい声と笑顔で、ワンちゃんの緊張はほぐれます。




とにかく、愛犬を無理して抑え込んで歯磨きするようなことはしないでくださいね!

少しずつで大丈夫なので、できたことをしっかりほめて、ステップアップしていきましょう。




愛犬のほめ方についての記事も書いています。

ぜひ参考にしてみてください。

おわりに

明日からではなく、今から磨こう!

気づけた今から磨くことが大切です。

いきなり上手に磨けなくても、歯磨きの大切さを知っているのと知らないで放置しているのとでは全く違ってくると思います。

おもちゃやおやつを取り入れて、上手にデンタルケアをしてみてくださいね。

ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです!

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

こたママ

ミニチュアダックス9歳男の子の「こた」・夫と一緒に3にんでのんびり暮らしています。
こたと一緒に暮らすようになってから、大げさじゃなく人生が何倍も輝きだしました。
愛犬のいる毎日、愛犬のいる安心感、幸福感…♪
この気持ちをたくさんの人と共有したい! もっと、犬と人が愛を持って共存できる世の中にしたい! という野望を持って、ブログ運営を開始しました。
幸せなワンちゃんと幸せな人間の、心地よい関係がもっともっと広がりますように。
このブログで、愛犬とすでに生活している人・これから一緒に生活しようと考えている人・単純に犬を可愛いと想う人など、すべての犬好きに有意義な情報をまとめていきたいと思います。
うちのコ自慢もさせてくださいね♪

2019年10月 i love ワンちゃん運営開始

こたママをフォローする
犬の生活
こたママをフォローする
i love ワンちゃん

コメント

タイトルとURLをコピーしました