ミニチュアダックスがなりやすい病気2つと日頃の予防法

もっと犬を知る
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 犬ブログへ

愛犬には、ずーーーーっと健康でいてほしいですよね♡



もし愛犬が病気になってしまったら、どうしたらいいのかな?

病気にさせないために、日頃から気を付けておきたいポイントはあるのかな?

ミニチュア・ダックスフンドだからこそなりやすい病気ってあるのかな?



わがやにも可愛い可愛いミニチュア・ダックスフンドの王子様「こた」がいるので、ミニチュア・ダックスフンドだからこそかかりやすい病気などには神経過敏になってしまいます!

こた
こた

こたです!

愛犬にずっと健康で長生きしてもらうためには、かかりやすい病気とその予防法について知っておく必要がありますよね。



そこで今回この記事では、ミニチュア・ダックスフンドだからこそなりやすい病気とその予防法、そして、かかってしまった場合の対処法について紹介したいと思います。

今は愛犬がまだ若くて病気になる実感がわかないという人でも、知識として持っておくに越したことはないと思います。

この記事を読むことで、愛犬の突然の病気や異変に早めに気付け、対処できるようになりますよ。



この記事は、愛犬にずっと元気でいてほしいと心から願うあなたに向けて書きました!

ぜひ最後まで記事を読んで、愛犬との生活をハッピーに満喫できるようにしてみてください♡

この記事で紹介する病気

<骨・関節・神経の病気>

  • 椎間板ヘルニア

<口の病気>

  • 歯周病

骨・関節・神経の病気

椎間板ヘルニアとは

椎間板(ついかんばん)が脊髄(せきずい)の神経を圧迫することで、腰や背中・脚などに麻痺や痛みなどを引き起こします。

「お散歩に行きたがらなくなった」「背中や腰を触られるのを嫌がる」「ソファや階段の上り下りができなくなった」などの症状がみられます。

進行すると脚に麻痺が出てしまい、自力で排尿や排便をするのが困難となります。

原因

  • 過度な運動やケガの影響で脊髄(せきずい)に強い力が加わった
  • 老化による背骨の変形
  • 激しい運動や肥満などで、脊椎を連結している椎間板(ついかんばん)に負担がかかった
    など

ミニチュアダックスフンドはもともと、胴長短足な体型のため、腰や背骨に負担がかかりやすいです。

遺伝的になりやすい場合には、若いうちでも起こることがあります。

健康チェックの仕方

愛犬の歩き方を普段からチェックするようにしましょう。

いつもと違う歩き方をしている場合には、椎間板ヘルニアやほかの病気(関節炎や骨折など)の疑いがあります。

予防法

肥満にさせないように体重管理をし、激しい運動は避けること!

ソファや階段など、段差の上り下りやジャンプなどをさせないこと。

対処法

症状が軽いうちは薬や注射など内科的治療を行い、重度になると手術を行います。

手術は体に負担をかけるので、できることなら重度のヘルニアになる前に内科的治療で症状を抑えたいですね。

内科的治療では、非ステロイド系の薬や抗炎症薬の投与、レーザー治療を行ないます。

手術では、椎間板の飛び出した部分を取り除きます。

ヘルニアになってしまった後も、段差などには十分に気を付けてあげるようにしましょう。

口の病気

歯周病とは

歯周病は、歯垢の中の細菌が歯と歯茎の間の歯周ポケットに入り込んで起こる炎症のことです。

人間の歯周病と同じように、歯肉が腫れて血が出たり、歯を支えている周辺の組織が破壊されてしまう病気です。

歯が抜け落ちたり、歯を支えているあごの骨が溶けてしまい下あごを骨折してしまったり。

また、口の中の問題だけでなく、血管に細菌が入り込むことで心臓病や腎臓病の原因となることもあります。

3歳以上の犬の8割が歯周病をすでに発症していると考えられています。

  • 歯肉の腫れ・出血
  • 歯の汚れ・歯石
  • 歯が抜ける
  • 口臭
  • 食べづらそうにする
    など

原因

口の中に歯垢が溜まっていることが主な原因となります。

健康チェックの仕方

口の中を見て、目立つ汚れがないか、歯茎が炎症を起こして赤くなったり腫れたりしていないか、口臭がないか、などをチェックします。

見える範囲の歯が綺麗でも、奥の方や裏側には歯石がついている、ということもあります。

また、綺麗に見えても歯周病になっている場合もありますので、口臭がキツいと感じたら動物病院で獣医さんに診てもらうようにしましょう。

予防法

予防には、歯磨きです。

歯ブラシやガーゼを使用して、無理なく磨いていくようにしましょう。

歯石を付きにくくするフードやおやつ、口の中の環境を整えるサプリメントなども販売されています。



歯磨きについてはこちらの記事で詳しく触れています!

対処法

動物病院でワンちゃんに全身麻酔をかけ、獣医さんが歯石などの汚れやひどくグラついている歯を取り去ります。

悪くなった歯肉部分を切除することもあります。

残せた歯は新たな汚れをつきにくくするために表面を研磨します。

おわりに

いかがでしたか?

ミニチュア・ダックスフンドだからこそなりやすい病気には、やはり椎間板ヘルニアが真っ先に要注意として挙げられます。

歯の病気の場合は、日頃の歯磨きケアで防ぐことができるものなので、若い頃からのケアがより重要になってきます。

もちろん、ケアをはじめるのにもう遅いなんてことはありませんよ♪

気づいた時から、正しい知識を持って愛犬の様子を見守ってあげることが大切なんだな~と改めて思います。

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

こたママ

ミニチュアダックス9歳男の子の「こた」・夫と一緒に3にんでのんびり暮らしています。
こたと一緒に暮らすようになってから、大げさじゃなく人生が何倍も輝きだしました。
愛犬のいる毎日、愛犬のいる安心感、幸福感…♪
この気持ちをたくさんの人と共有したい! もっと、犬と人が愛を持って共存できる世の中にしたい! という野望を持って、ブログ運営を開始しました。
幸せなワンちゃんと幸せな人間の、心地よい関係がもっともっと広がりますように。
このブログで、愛犬とすでに生活している人・これから一緒に生活しようと考えている人・単純に犬を可愛いと想う人など、すべての犬好きに有意義な情報をまとめていきたいと思います。
うちのコ自慢もさせてくださいね♪

2019年10月 i love ワンちゃん運営開始

こたママをフォローする
もっと犬を知る
こたママをフォローする
i love ワンちゃん

コメント

タイトルとURLをコピーしました