共働き夫婦が犬を飼う際の注意点とポイント【愛犬の留守番】

犬を飼うまで
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 犬ブログへ

近年では、共働き夫婦が犬を家族に迎え入れるケースも増えているようです。

犬を家族にする人が増えていることは、愛犬家の私としてもとーっても嬉しいことです♪




犬が好きな人なら誰でも犬と一緒に暮らす権利があると思っているし、共働きだからといって犬と暮らすのを諦めることはないと思います。

各家庭それぞれの暮らし方があるんですから。




ただ、共働きの家庭では犬がひとりぼっちでお留守番をする時間はどうしても長くなってしまうでしょうし、気をつけなければならないこともあります。

今日はこの記事で、そのことについてまとめていきたいと思います。

すでに犬と一緒に暮らしている人も、犬を迎えようか悩んでいる人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こた
こた

それでは、さっそくいってみよー!

留守番が得意な犬種

犬種ごとに、ある程度の性格が決まっています。
共働きで留守にすることが多い家庭でも飼いやすい犬種について見ていきましょう。

トイ・プードル

吠えにくい犬種と言われていますので、留守番時にひとりで吠えてしまうことは少ないでしょう。

また、とても賢い性格で、しつけをすぐに学習してくれます。

見た目の可愛さも大人気で、飼いやすさもお墨付き。

マルチーズ

優しい性格のマルチーズは、子供の入る家庭によくオススメされるそうです。

あまり激しく走り回ったりしない穏やかな性格なので、落ち着いて過ごすことができるでしょう。

お留守番は、かわいそうではない

十分な食事と水、安心して過ごせる場所が確保されていれば、犬は落ち着いた気分で、寝て過ごしてくれるでしょう。




お留守番はかわいそう。

この考えは人間がイメージとして作ったものですよね。

確かに、今までずっと人や他の動物たちと一緒に暮らしてきた子が突然ひとりぼっちになったら、寂しがるでしょう。

犬はもともと群れで行動していたこともあり、最初はひとりぼっちに戸惑うでしょう。

でも、小さな頃からその生活をしていると、賢い犬はひとりの時間に慣れてくれます。

それが正常の毎日になることで、愛犬の生活リズムもつき、良いこともあると思います。

それに、家族との時間が作れた日にはとても楽しい時間を過ごせますしね♪

愛犬の体調に敏感になること!

普段一緒にいられる時間が少ない分、一緒にいられる時間は愛犬の体調や体質に気をつけるようにしてあげてください。

すぐに異変に気付けるようにするのは、家族の役目だと思います。




異変に気づくためには、ブラッシング時に丁寧に体に触ってしこりなどの異変がないか

皮膚や被毛の様子はおかしくないか、観察するようにしてあげてください。

また、歯磨きも毎日丁寧に行ってあげてくださいね!

普段と少し様子が違う、なんだか気になる、といった少しの異変でも気になることはかかりつけの病院で相談できるように

すぐに連れて行ける近隣の評判の良い動物病院を見つけておくことも大切です。

また、夜間しか一緒にいられない場合などには夜間救急の受け入れをしている救急病院についても知っておいてくださいね。

かかりつけの動物病院でも、夜間などの救急はどうすればいいのか質問すれば、近隣の救急病院のことなどいろいろと教えてくれますよ。

安心して過ごせる場所を用意

犬が安心して過ごせる場所を用意してあげることも重要です。

犬だけで留守番をさせる場合、家の中を自由に歩き回れる状態にしておくのではなく

犬用のハウスやケージ、クレートの中に入らせておくのがオススメです。




犬はもともと、暗くて狭い場所に安心を覚えるものなので、あまり広い家の中を自由にさせてもらえると逆に不安になってしまうんですね。

ハウスやケージ、クレートの中に、たっぷりの水と、清潔なトイレ暖かなベッドがあれば安心できるでしょう。

ハウスやケージ、クレートの中に入らせておくことは、危険から愛犬の身を守ることにもつながります。

なぜなら家の中でも、犬の危険になってしまうものはたくさんあるからです。

例えば、このようなものがあります。

誤飲

  • 電池(特にボタン電池)
  • 硬貨
  • 洗剤
  • イヤホン
  • ヘアピン
  • クリップ
  • 輪ゴム
  • たばこ
  • 乾燥剤など

噛む、絡みつく

  • 電気コード類

食べてはいけないもの

  • チョコレート
  • キシリトール類
  • ネギ類
  • にんにく
  • アボカド
  • ぶどう
  • ナッツ類

その他

  • 階段からの落下
  • フローリングで滑る
  • 隙間などに挟まる

ハウスやケージ、クレート内を安心できる素敵な環境に整えてあげることで

愛犬の安全を守りながら安心して寝て待っていられるようになるといいですね♪

おわりに

いかがでしたか?

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

こたママ

ミニチュアダックス9歳男の子の「こた」・夫と一緒に3にんでのんびり暮らしています。
こたと一緒に暮らすようになってから、大げさじゃなく人生が何倍も輝きだしました。
愛犬のいる毎日、愛犬のいる安心感、幸福感…♪
この気持ちをたくさんの人と共有したい! もっと、犬と人が愛を持って共存できる世の中にしたい! という野望を持って、ブログ運営を開始しました。
幸せなワンちゃんと幸せな人間の、心地よい関係がもっともっと広がりますように。
このブログで、愛犬とすでに生活している人・これから一緒に生活しようと考えている人・単純に犬を可愛いと想う人など、すべての犬好きに有意義な情報をまとめていきたいと思います。
うちのコ自慢もさせてくださいね♪

2019年10月 i love ワンちゃん運営開始

こたママをフォローする
犬を飼うまで
こたママをフォローする
i love ワンちゃん
タイトルとURLをコピーしました